吉祥寺と荻窪と三鷹の不動産、賃貸、売却

荻窪の土地の売却

先日おじが他界しました。 56歳という若い人生を終えて。 若いころから留学などを経験しており、親族のなかではあかぬけた性格だったと思います。 結婚をしていたこともあったのですが、離婚し、結婚当初にかった家で一匹の犬と暮らしをしていました。 私も吉祥寺の実家から、近かったので、小さい時からよく遊びにいってました。 博学だったおじの話は、実の父親より話のわかる人でした。 恋愛の話、進路の話など思い出はたくさんあります。 未だに、あの家にいなくなるなんてことが、想像がつきません。 長年、好きだったお酒がたたって、肝臓を酷使してしまったようで、 私の父は馬鹿だと泣いていました。 遺言状には、家は売却するなり自由につかってくれていいと書いてあったそうです。 びっくりするのは、遺言状は倒れる前に準備されていたようで、まるでこうなることを知っていたかのようです。 よく、三鷹でおりて一緒に井の頭公園にいったなぁ。 おじさんさみしいよ。